医療従事者が在籍しているという特徴がある

対応するのは医師と看護師

医療クリニックは脱毛サロンと根本的に異なり、医療従事者が在籍しています。医師や看護師が医療レーザー脱毛器を操作するので、極めて安全性が高いのが特徴です。全身脱毛は肌トラブルが起こりやすいという声がありますが、これは脱毛範囲が広いこと、敏感な部位があることなどが理由です。例えば上半身の脱毛をするときは問題なかったのに、VIO脱毛ではトラブルが起きたという事例は少なくありません。

医療クリニックの全身脱毛においては、適切な主力調整をしてくれます。さらに麻酔により痛みを抑える、万が一肌トラブルが起きたときは医療的な処置をする、などのメリットがあります。それゆえすべての脱毛法のなかで、最も安全性が高いと言われているのです。

肌診断をしたうえで脱毛が行われる

肌は調子のよいとき、悪いときがあります。後者は肌の免疫力が低下し、小さなダメージでも肌トラブルにつながる可能性があります。医療クリニックの全身脱毛では、処理前に肌診断が行われるのです。医療従事者が肌質を見極めて、可能な範囲で脱毛出力を上げていきます。出力は小さいほど肌に優しい一方で、脱毛効果を弱めてしまいます。

肌が耐えることができるならば、出力は大きいほどよいわけです。肌は紫外線の影響を受けますし、また保水力やストレスなどによって状態が大きく変わってきます。それらを総合的に見極めたうえで脱毛をしなければ、肌トラブルを招く可能性が高いのです。肌診断は脱毛するたびに行われるので、毎回安心して処理を受けることができます。